インプラント

インプラント|川崎市中原区の歯科 中原駅前歯科クリニック
インプラントは、なくなった歯の代わりに顎の骨に人工歯根を埋めて元の歯と同じように噛めるようにする手術です。
当医院では、より安全なインプラント手術を心がけて診療を行っております。どうぞお気軽にご相談ください。

インプラントとは・・・

インプラントとは|川崎市中原区の歯科 中原駅前歯科クリニックインプラントってどのようなものですか?とよく聞かれます。
インプラントとは、チタン製の金属で出来た棒状のものをいいます。

以前は、板状のインプラントもありましたが、今はほとんど棒状のものが使われています。

これを歯のないところの骨に埋め込んで、歯の代わりをさせようとするのが、インプラント治療になります。

どのような治療法にも、利点、欠点がありますので、ここで包み隠さずお話させて頂きますが、文章ではわかりにくい事もございますので、ご相談の際に直接、私にお話しください。

インプラントの利点

では、インプラントは何が良いのかと申しますと、他の歯をいじらずに、今までの歯とほとんど変わらない噛み方が出来るという点に尽きるといえます。

入れ歯や、ブリッジといった治療法では、多かれ少なかれ、他の歯を削ります。

インプラント単体の治療では、それがないというのが、特筆すべきことだと思います。

また、入れ歯だと歯茎で物を噛むことになりますので、噛んだ感じかしないとか、入れ歯と歯茎のすき間に物が詰まるなど、今まで歯で噛んでいた時にはなかった不快感を持たれる方もおります。
そういう方にも、このインプラント治療はお勧めです。

インプラントの欠点

しかしながら、インプラントの欠点もいくつかあります。
一つは、最初の壁ともいうべき、価格が高いという点です。

他の入れ歯や、ブリッジといった治療法は、そのほとんどが保険適応なので比較的安価で治療が受けられますが、インプラントは保険が適応されませんので、治療費はおおよそ1本あたり40万円位と高額になります。

また、天然の歯とは違い、人工物ですので元々の歯と比べた場合、ばい菌に弱く、感染しやすいという欠点もございます。

特に歯周病に掛りやすい方や、糖尿病といった全身的な病気のある方にはリスクが伴います。
重い歯周病がある方には、まずは歯茎の治療が優先されますし、一度きれいになった歯茎が汚れないようにしっかり、歯ブラシなどで現状維持を心掛けて、安定しないとインプラント治療はむずかしいと言えましょう。

糖尿病なども、ある程度、血糖値がコントロール出来ていれば、インプラント治療を受けられると思います。(ただし、内科の主治医の先生との相談が必要です。)

その他の欠点としては、チタン製の金属を入れたら、すぐに噛むことが出来ずに、上あごだと半年、下あごだと3カ月程度、骨と接着するまで、待たないといけない事です。
最近では、入れたその日から噛めるというインプラントも出てきていますが、僕はより安全な方法として、今まで通りの3か月から半年待つ方法をお勧めしています。

より安全なインプラント

このより安全な方法という事にこだわりたくて、当院ではアストラテックという会社のインプラントを導入しています。

一度入れたインプラントは年単位ですが、時間が経つと微小ながら少しずつ歯茎の方から骨が下がってくるという現象が見られます。

このインプラントは、そこに着目したインプラントで、その骨が下がるという現象を極力少なくする構造になっているのです。
特に前歯などの見た目が気になるところには最適なインプラントと言えるでしょう。

このアストラテックのインプラントにこだわりながら、より良い方法を日々模索して、すぐ噛めるインプラントの安全性が確認出来ましたら、これも随時、導入していきたいと思っております。

インプラント専門サイト|川崎市中原区の歯科 中原駅前歯科クリニック当院監修のインプラント専門サイトも合せてご覧ください。

インプラント料金(価格はすべて税込表示)

インプラント手術+上部構造  1歯・一律 ¥432,000

※CT撮影が必要な場合は別途料金が必要になります。

インプラントってどのようなものですか?とよく聞かれます。

インプラントとは、チタン製の金属で出来た棒状のものをいいます。

以前は、板状のインプラントもありましたが、今はほとんど棒状の
ものが使われています。

これを歯のないところの骨に埋め込んで、歯の代わりを
させようとするのが、インプラント治療になります。

どのような治療法にも、利点、欠点がありますので、
ここで包み隠さずお話させて頂きますが、
文章ではわかりにくい事もございますので、
ご相談の際に直接、私にお話しください。

では、インプラントは何が良いのかと申しますと、
他の歯をいじらずに、今までの歯とほとんど変わらない噛み方が
出来るという点に尽きるといえます。

入れ歯や、ブリッジといった治療法では、多かれ少なかれ、
他の歯を削ります。

インプラント単体の治療では、それがないというのが、
特筆すべきことだと思います。

また、入れ歯だと歯茎で物を噛むことになりますので、
噛んだ感じかしないとか、入れ歯と歯茎のすき間に物が
詰まるなど、今まで歯で噛んでいた時にはなかった不快感を
持たれる方もおります。

そういう方にも、このインプラント治療はお勧めです。

しかしながら、インプラントの欠点もいくつかあります。

一つは、最初の壁ともいうべき、価格が高いという点です。

他の入れ歯や、ブリッジといった治療法は、そのほとんどが
保険適応なので比較的安価で治療が受けられますが、
インプラントは保険が適応されませんので、治療費は
おおよそ1本あたり40万円位と高額になります。

また、天然の歯とは違い、人工物ですので元々の歯と比べた場合、
ばい菌に弱く、感染しやすいという欠点もございます。

特に歯周病に掛りやすい方や、糖尿病といった全身的な病気のある方には
リスクが伴います。

重い歯周病がある方には、まずは歯茎の治療が優先されますし、
一度きれいになった歯茎が汚れないようにしっかり、歯ブラシなどで
現状維持を心掛けて、安定しないとインプラント治療はむずかしいと
言えましょう。

糖尿病なども、ある程度、血糖値がコントロール出来ていれば、
インプラント治療を受けられると思います。
(ただし、内科の主治医の先生との相談が必要です。)

その他の欠点としては、チタン製の金属を入れたら、
すぐに噛むことが出来ずに、上あごだと半年、下あごだと3カ月程度、
骨と接着するまで、待たないといけない事です。

最近では、入れたその日から噛めるというインプラントも出てきていますが、
僕はより安全な方法として、今まで通りの3か月から半年待つ方法を
お勧めしています。

このより安全な方法という事にこだわりたくて、当院では
アストラテックという会社のインプラントを導入しています。

一度入れたインプラントは年単位ですが、時間が経つと微小ながら
少しずつ歯茎の方から骨が下がってくるという現象が見られます。

このインプラントは、そこに着目したインプラントで、
その骨が下がるという現象を極力少なくする構造になっているのです。

特に前歯などの見た目が気になるところには最適なインプラントと
言えるでしょう。

このアストラテックのインプラントにこだわりながら、
より良い方法を日々模索して、すぐ噛めるインプラントの安全性が
確認出来ましたら、これも随時、導入していきたいと思っております。